EXAMINATION
受験指導

小学生向け指導

  •  

マイジャイロの中学受験とは?

マイジャイロ

マイジャイロの勉強法は「質問→解決」の方法です。生徒は問題と解答を読んでわからないところを聞くように指導されます。いまさら恥ずかしくて効きにくい感じや語句の意味から計算、計算式、文章の意味などわからないところはすべて聞くのがマイジャイロのやりかたです。先生は喜んで優しく教えます。だから、分からない勉強が全く無くなるのです。

大手集団指導塾

しかし、中学受験では大手集団指導塾にたくさんの人が通っています。集団指導の勉強のやり方は先生の講義を聴いて理解する「講義→理解」方式です。集団塾では講義が粛々と進み沢山の生徒が講義を聞いて理解しようとします。このような雰囲気で授業が進んでいるとき、分からないところがあっても手を挙げてそれを質問することはなかなか勇気のいる事です。結局質問できずわからない勉強が続いてしまうわけです。それをカバーするために家でお母さんが教 えなくてはなりません。結局お母さんが上手に教えられるか否かが受験になってしまいます。

マイジャイロの中学受験とは?

ひとりひとりと向き合います

温かい雰囲気とコミュニケーションを大切にしています。生徒と保護者ひとりひとりと向き合い、生徒の性格や環境、学習状況などについて随時話し合いながら勉強を進めていきます。

3対1の個別指導

洗練されたすぐ「質問→解決」できるスタイルを構築しています。

ご都合にあった通塾回数、
時間設定

週に1日~週に6日まで、ご都合に合わせて通塾スタイルを決めていただくことができます。お母さま方からすごく好評です。

確かな実績

勉強に火が付いたこどもたちが数々の軌跡を演じてくれています。
右のグラフはある生徒の5年生5月の入塾時から偏差値の推移グラフです。
黒い太い横棒の線がその時期の平均偏差値を表しています。
この子は1年8ヶ月で偏差値最低29から最高偏差値71まで上げることが成功しました。

中学生向け指導

数学に関して

数学の勉強は教科書で基礎を作り、問題集で基礎の定着、応用問題集で実力を付けるという3段階の勉強になります。

教科書で基礎を作る
教科書の読み進める勉強法を教えます。勉強法は放っておくと、間違った方向に向かってしまうので、個別指導で絶えず修正していきます。数ヶ月たつと正しい勉強法が身につきます。
勉強法が身につくと、勉強スピードが次第に速くなります。教科書は1つの章を2回から3回復習しますので本当に分かった実感を得る事ができます。
問題集を解く
教科書で1つの章の基礎が作られると、問題集を解き始めます。教科書が良く理解できていると問題集の7割は解け、速いスピードで問題集を進めることができます。

問題集にも勉強法があります。1つの単元に対して3回程度の復習を行います。 問題集の分からないところはその場ですぐ教えます。
長時間学習とサポート
もともと偏差値の高い人はどのような勉強法をとっても問題が無いのですが、比較的偏差値の低い人が短期間で高い偏差値を取ろうとしたら容易ではありません。予備校など行っても偏差値の高い人に追いつけないと思います 。

しかし高瀬式自立学習法が機能を始めたら、質の高い勉強を猛スピードで進めることができるようになります。そのため偏差値を10、20上げることも可能です。

またこれを実現するため質の高い勉強を集中して長時間勉強する必要があります。 塾に長時間居て勉強を進め、いつでも質問できるサービスを行っています。 また個別指導であるためあらゆる相談を個人的に行います。

英語に関して

英単語
英語の成績のカギを握っているのが、英単語と英文法です。なぜならば英単語と英文法が分かれば英語から日本語への訳ができるからです。訳ができれば英語が分かったという感覚を得ることができます。

しかし英語初心者にとって英単語暗記は最初の関門です。経験的な感想で恐縮ですが英単語を簡単に覚えることのできる人は英語の成績が良いものです。反対に英単語を覚えるのが苦手な人は英語でつまずきます。

マイジャイロでは英単語の独特の覚え方を教えています。まずノートを半分に折って英語と日本語の対照表を作ります。その対照表を当塾が独自に考案した練習法で暗記していきます。この方法で暗記のできない人はいません。またこの方法は自宅でもできるので自分でどんどん先取りして英単語を暗記していくことができます。

更に中学2、3年になるに従って単語量が急速に増えていきます。単語が分からなければ訳はできないものです。地味ですが英語の勉強の中で英単語とは最も力を入れなくてはいけないものだと感じます。
英文法
英文を日本文に訳すうえで、もう一つのカギとなるのが文法です。英語を教えていて超基礎が分かっていない人が結構います。

be動詞の意味は“です”と訳しますが、ですとはどういう意味ですか?と質問すると明確な答えが返ってきません。また形容詞とは?補語とは?修飾するとは?・・・・・
こんな超基礎の疑問が結構分かっていません。
マイジャイロではこのような超基礎の文法を教えます。英単語と超基礎が分かれば単純な英語は訳せるようになります。

その後単元に出てきた文法を一つ一つ勉強します。三単現、進行形、受身形、完了形など教科書に沿って勉強します。そして問題集に進みます。

もう一つ更に大事なことがあります。それは繰り返しです。英文がスラスラ読めるそして理解できる、更に英文が書けるなど準を追って勉強していきます。
英語脳
英語と日本語の最大の違いは語順です。語順とは英語では主語の次に動詞が来ますが、日本語では動詞が文の最後に来ます。この語順の違いに脳が戸惑うのです。特にスピーキングやヒアリングなど速いスピードで脳が働かなくてはならないものは、語順を日本語に変えて内容を理解していては間に合いません。英語の語順で内容を脳が理解していかなくてはなりません。これが英語脳といわれるものです。

最近スピーキングやヒアリングなど実用の英語が重要視されてきています。入試にもスピーキングやヒアリングが導入されるようになってきました。このスピーキングやヒアリングができるようになるために普段から英語の語順で勉強していく必要があります。

模試・検定

合格Wもぎ
神奈川新教育主催の「合格Wもぎ」を塾を通して申し込むことができます。受けられる模試は「神奈川県入試そっくりもぎ」「私立合格もぎ」の二つです。これらの模試の結果を考慮して受験勉強を進めていきます。
漢字検定
準会場に指定されており、塾で漢字検定を受けることができます。漢検合格のためのサポートも行っています。
英語検定
準会場に指定されており、塾で英語検定検定を受けることができます。英検合格のためのサポートも行っています。

料金例

※その他プランも可能です。お気軽にご相談ください。
週2日、1日4時間塾で勉強
(指導1時間、自立学習3時間)
34,128円 (税込)
週6日、1日6時間塾で勉強
(指導1時間、自立学習5時間)
81,648円 (税込)

高校生向け指導

大学受験とは?

大学受験とはその合否で人生そのものが大きく変わります。そのため人生をかけて大学受験を目指している人も多いと思います。しかしその必死な思いとは裏腹に、本当に良い大学受験の仕方そのものを根本的に考えている人は少ないと思います。
一般的には大学受験となると予備校というイメージがあります。しかし予備校の有名講師の授業を聞いたからと言って良い大学受験になるのでしょうか?はたして偏差値が十分に上がるのでしょうか?何よりも自分の力を十分発揮できる受験になるでしょうか?毎日長時間夢中になって勉強できますか?充実した受験勉強ができますか?

最高の受験勉強とは、受験生本人が持っている能力を十分に発揮できる受験だと私は思います。すなわち受験生本人が毎日夢中になって充実した受験勉強ができる事だと思います。

充実した受験勉強をするには自立学習が最適です。これは教えてもらうことを前提にした勉強ではなく、自分で教材に向き合って教材から学んでいく勉強法です。受験用の有名教材はたくさんあります。それを完璧に読破するのです。それができればどこの大学でも合格できます。

ただ自立学習には難しいところがあります。自分で教材を読んでいく時分からないところが出るとそこで勉強が止まってしまうことです。分からないところは勉強の最強の天敵です。やる気や意欲が急速に失われます。とうてい充実した受験勉強などできません。

反対にこの分からないところが出ないような自立学習を組み立ててあげる事と、分からないところをすぐ解決できるシステムを用意すると、教材の読解は急速に進み始めます。毎日充実した受験勉強をすることが可能になるのです。

夢中になって受験勉強に取り組めれば一日があっという間に終わってしまいます。寝る前に今日は充実した良い一日だったと思えます。勉強も物凄く進みます。絶対無理と思われている大学にも可能性が出てくるのです。そんな受験勉強をマイジャイロでは教えています。

予備校でうまくいく…?

大学受験にあたり、予備校に通う人は多いと思います。しかし大勢の予備校生の中で、自分だけ偏差値を10、20上げられるでしょうか?確かにこれができる人も少数存在します。しかし、それは予備校のおかげでしょうか?自分が「本気」になってがんばったからではないでしょうか?「本気」になれず、周りの人と同程度のことをしていては、偏差値の向上は期待できない思います。元々偏差値が高い人はそれでも良いかもしれませんが、偏差値を上げて受験をしたい人にとっては、悔しい結果になるでしょう。

「本気」になるには

しかし、この「本気(マジ)になる」のは難しいことです。大学受験が近づいてきて、マジで勉強しようという気持ちはあっても、なかなか本気になれないもの。というより、「本気になろうとやってみてもうまくいかない」「成績が上がっている実感がない」「何をやれば良いのか分からない」というのが現実ではないでしょうか。

本気になるには指導者が必要です。的確な指導があれば、人生を左右する大学受験に直面している受験生は全力を出すことができます。受験の成功は、指導者とのめぐり合いが大きな鍵です。

マイジャイロでは

マイジャイロでは受験生を本気にさせます。決して、大声で叱咤激励するわけではありません。むしろ淡々と「今何をすべきか」を教えます。そして勉強環境を整え、全力で勉強できるようにあらゆるサポートをします。

数学に関して

大学受験問題が解けるようになりたいと思う一心から基礎的知識のないまま難しい入試問題を解く人が良くいます。これは山登りに例えると、山の頂上に立つため険しい崖を登り最短距離で頂上に立とうとする人の発想です。よほど数学的な才能がなくては難しいのです。普通の人は遠回りしても緩やかな無理のない道を探して着実に努力する方が結局速く、確実に頂上に到達できます。

高瀬式自立学習ではスムーズに頂上に立てる道を見つけ出し、教えています。それは階段を一段一段登り無理をしないでゴールに到達できる道を示すことです。具体的にはまず基礎である教科書を読むことから始め、問題集、そして受験問題へとスムーズに勉強を進めます。これを自立学習で行います。
この自立学習を実際に指導してみてまず驚くことは、質問が極端に少なくなることです。その理由は教科書にほとんどの事が丁寧に書かれているため、よく読み込むと分からないところがほとんど解決してしまうからです。

しかしながら自分で教材を読んでいく訳ですから、完全に分からないところが無くなるわけではありません。いくらスムーズに勉強が進んでいるとしても分からないところは必ずでてきます。するとそこで勉強が止まってしまいます。分からないところは勉強の最強の天敵です。やる気や意欲が急速に失われます。ラスボスみたいなのですね!そのような時の為にマイジャイロでは即座に分からないところが解決できるシステムが用意されています。

もう一つ大学受験を成功に導くために大切な事があります。それは長時間学習です。勉強とは質の高い勉強を長時間行うことで初めて大きな効果を生むことができます。ところが自宅で勉強できないという人がとてもたくさんいます。原因はいろいろでしょうが結果として自宅では集中して勉強ができないと口をそろえて言うのです。マイジャイロでは長時間塾で勉強できる環境も提供しています。受験を成功させる為には集中して長時間勉強できる環境こそ隠れた成功のカギなのです。

数学の勉強は教科書で基礎を育み、問題集で基礎の定着、応用問題集で実力をつけるという3段階の構成になっています。

教科書で基礎を育む
まずは教科書を読み進めるための勉強法を教えます。一度教えただけでは間違った方向に向かってしまうこともあるので、個別指導で絶えず修正していきます。これを数ヶ月続けることで、正しい勉強法が身につくのです。
勉強法が身につくと、勉強スピードが次第に速くなります。教科書は1つの章を2回から3回復習することで、「真の理解」を実感することができます。
問題集を解く
教科書で1つの章の基礎が身についたら、次は問題集を解き始めます。教科書をしっかり理解することで、問題集を速く進めることができるように。
教科書には教科書の、問題集には問題集の勉強法があります。問題集では、1つの単元に対して3回程度の復習を実施。もちろん、分からないところはその場ですぐ教えます。
難問集を解く
国立や早慶以外なら、(1)(2)で良い点が見込めますが、レベルの高い大学を目指す場合、難問集での勉強が必要です。
複雑な文章を理解する能力、問題を整理する能力、パズルのような問題解決の鍵となる部分を発見する能力、複雑な計算を処理する能力などを総合的に鍛えます。
長時間学習とサポート
もともと偏差値の高い人はどのような勉強法をとっても問題が無いのですが、比較的偏差値の低い人が短期間で高い偏差値を取ろうとしたら容易ではありません。予備校など行っても偏差値の高い人に追いつけないと思います 。

しかし高瀬式自立学習法が機能を始めたら、質の高い勉強を猛スピードで進めることができるようになります。そのため偏差値を10、20上げることも可能です。

またこれを実現するため質の高い勉強を集中して長時間勉強する必要があります。 塾に長時間居て勉強を進め、いつでも質問できるサービスを行っています。 また個別指導であるためあらゆる相談を個人的に行います。

英語に関して

英語は大学受験でキーとなる大事な科目であるため、成績を上げたいと熱望されている人も大勢いると思います。しかし英語はなかなか成績が上がりにくい教科であることも骨身に染みて実感していると思います。英語は数学と共に非常に重たい教科なのです。今までと同じ勉強をしていては決して上がりません。しっかりと戦略を立て、確実に戦略を実施していかなくては目的が達成できません。
英語の問題で訳そのものと訳が分かれば解ける問題が全体の7割以上を占めていると思います。すなわち訳が分かれば正解が導き出せるのです。英語の成績を上げるには訳のレベルを上げることです。訳のレベルが上がらないのには原因があります。その原因について分析することが非常に重要です。上がらない原因が人によって異なるからです。

成績の上がらない原因
訳のレベルが上がらない主要な原因は2つあるとマイジャイロでは考えています。
一つ目原因は単語、熟語の暗記がどの程度できていますか、またウル覚えではないですか?

単語の暗記が苦手な人は、英語はかなり苦しい教科になります。単語が暗記できなくては、成績アップは望めないでしょう。単語が分からないという事は推測で文章を理解しなければなりません。分からない単語が少数なら推測も可能でしょうが、たくさんあれば文章の理解は不可能です。
マイジャイロの高瀬式単語暗記法をお勧めします。暗記の苦手な人でも確実に暗記でき、多くの人で実践済みの大変効果の高い方法です。

中学レベルの文法、高校レベルの文法、受験レベルの文法どの段階でつまずいていますか?

文法が苦手の人はどの段階でつまづいているのかを調べなくてはなりません。そのレベルの問題集を選択してやり直す必要があります。必要な問題集を選択して、勉強のやり方を教わり、しっかり納得理解して、繰り返し、定着させなくては習得できません。

基本的に単語と文法ができると訳はできるものです。ただ正確にとか速くとか複雑な文章となると次のステップの勉強が必要になります。
高いレベルの英語力をつけるには
高度な英語力をつけるには、3つの要素があると思います。それは①英単語と②文法③英語脳です。
①の英単語量を圧倒的に増やすことです。マイジャイロでは高瀬式単語暗記法を使って英単語ターゲット1400、英熟語ターゲット1000、英単語ターゲット1900の単語帳を暗記します。ほかの受験生に比べて圧倒的な差をつけることができます。
②の文法では受験文法が中心となります。これは問題精講やフォレストなど高度な文法書を勉強します。高度なだけに先生の手を借りなくては理解できないものです。これを個別指導で理解し、何度か繰り返し定着までもっていきます。大学受験はこの部分が大きく差を付けます。
③の英語脳です。英語を日本語に訳さず、英語の語順のまま理解していきます。すなわち日本語を読むように英語が読めることです。大学受験問題は多量の英文が出てきます。これをゆっくり理解していては時間不足でよい点が取れません。だから日本語を読むように英語を速くスラスラ読んでいかなくてはならないのですそのためには英語脳が欠かせません。
英単語
英単語は、100個ぐらいの暗記なら容易ですが、1,000個、3,000個となると、非常に困難になります。その理由は、「覚えても忘れるから」です。「がんばって覚えたのに、試験で思い出せない」という経験をしたことがある方は多いでしょう。記憶力は個人差が大きく、この部分で壁に突き当たっている人もたくさんいると思います。
このような人が単語の暗記をできるようになったら、偏差値は大きく向上します。

当塾には、英単語帳一冊を暗記する「英単語暗記法」という独自開発の技術があります。この方法を会得すれば、3〜6ヶ月で2,000語程度の単語を暗記できるようになるでしょう。ちなみに、この方法を使って当塾から慶應義塾大学に合格した人たちは単語帳2冊、塾語帳1冊の完全暗記を成し遂げています。
英文法
英文法の学習においては、当塾指定の英文法の問題集を解いていきます。やさしい中学英文法から、大学入試レベルまで、様々な問題を、数年かけてゆっくりとやっていけば、次第に力が身につきます。成功の鍵は、「何度も繰り返すこと」です。
英文読解
英語を習得するにあたり、どのように文章を読んでいくかが大事なポイントとなってきます。英文は読み進めていく中で、2つの方向から同時進行しなければなりません。それは「多読」と「精読」です。

<マイジャイロの多読>
自分の読解レベルより少し下のステージから、大量の文章を読破していくことにより、英語脳を構築していきます。英語脳とは英文を日本語に訳して理解するのではなく、英語のまま理解していく脳の働きです。主にペンギンリーダーズなどのペーパーバックを使用します。

<マイジャイロの精読>
1パラグラフ程の洗練された文章を、妥協することなく徹底的に解析して解釈することにより、英語のセンスを磨いていきます。過去の大学受験生たちはこの方法で驚くほどの実力をつけ、難関大学に合格してきました。
リスニング
机上の勉強よりも本来重視しなければいけないのは、ネイティブスピードで英語を聴けるようにトレーニングしていくことです。また「返り読み」をせずに、頭から英語を理解していく形に持っていかなくてはなりません。

これら四方向からの多角的な英語学習を、具体的にかつ丁寧に指導いたします。全くの初心者レベルから、学年トップクラスを目指す人まで、それぞれのニーズに合ったアドバイスをいたしますので何でもご相談ください。

料金例

※その他のプランも可能です。お気軽にご相談ください。
週2日、1日4時間塾で勉強
(指導1時間、自立学習3時間)
46,008円(税込)
週6日、1日6時間塾で勉強
(指導1時間、自立学習5時間)
81,648円(税込)